乳幼児に人気の習い事ランキング【スポーツ・芸術編】

スポーツ系や芸術系の習い事は乳幼児期からでも習わせやすいため、定期的に行なっているというご家庭も多いようです。

ベネッセ教育総合研究所「学校外活動に関する調査2013」によると、
約40%がスポーツ系の活動を、約25%が芸術系の活動を行なっていたと答えています。
乳幼児期では、スポーツ系が一番お金がかかりやすいと言われていますが、「体力づくりのため」といった理由で習わせているご家庭が多いですね。

気になるランキングを見てみましょう。

スポーツ系

スイミング ・バランスのとれた体づくりができる
・丈夫な身体になる・基礎体力がつく
などといった、体力づくりの面でも人気の高いスイミング。
このほかにも、全身を動かすためストレス解消になり、子供の情緒が安定したり、水に慣れるのでお風呂も怖くなくなる、という効果も期待できるようです。
スイミングスクールも多く存在し通いやすく、また、費用面でも他のスポーツに比べ安くすむ、など、ママにとってもうれしい点が人気の理由の1つかもしれませんね。

→キッズスイミングスクール人気ランキングはこちら

体操教室
運動遊び
・基礎体力をつけるため
・姿勢が良くなるように
と、スイミング同様に体力づくりの面での人気もある体操教室・運動遊び。
先生の指示を聞いて動くという訓練にもなるようです。
思いっきり体を動かすので、寝つきが良くなるという効果も期待できるようですよ。
怪我の恐れがあるため、入会条件に保険に入ることとなっている教室もあるようです。
サッカー
フットサル
今では、男の子だけでなく女の子にも人気のサッカー・フットサル。
意外に思われるかもしれませんが、3歳くらいから始められるところが多いんですよ。
基礎体力が必要な競技なので、サッカーをしながら基礎体力が向上していくという効果も期待できます。
なにより、1人で練習もできるし、団体競技なので、チームプレイを学べるのも魅力の1つのようです。

 

芸術系

楽器の練習
レッスン
楽器の中でも特に人気なのが、ピアノ。
ピアノを習うことで人生が豊かになる、という理由から習わせるママも多いようです。
また、ピアノを習うことで音楽の基礎が身につくとか、音感が鍛えられるから、といった理由も多いようです。
ピアノに限らず、楽器のレッスンは豊かな心を育んでくれそうですね。
音遊び
リズム遊び
(音楽教室)
みんなで一緒に歌をうたったり、リズムに合わせて動いたりと、音楽を通して心を育んでいく音遊び・リズム遊び。
体を使って表現をすることで、想像力や理解力などが向上される効果も期待されますね。
乳幼児の頃は、ママと一緒にできるのも魅力の1つのようです。
リトミック リズムを聞いて自由に表現をするので、表現力やリズム感、集中力まで身につくことが期待できるリトミック。
音楽と体育が一緒になったようなリトミックは、遊ぶように取り組めるのも魅力の1つですね。
幼稚園や保育園で取り入れているところも多いので、より身近に感じられ、習わせるママも多いようです。

※ランキング:ベネッセ総合研究所「学校外教育活動に関する調査2013」より

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

幼児向け通信教育人気ランキング

キッズスイミングスクール人気ランキング

乳幼児に人気の習い事ランキング【学習活動編】

幼児教室・知育教室人気ランキング

英会話教室人気ランキング